FAQ

よくあるご質問

Q1
テスト設置をしてみたいがどうしたらよいか?

A

(どのPOSレジをご使用かを確認いただいた上で)既にPay Cubeとの接続検証済のPOSレジの場合であれば、店舗設置等の検討ができれば対応が可能です。
接続未検証のメーカー様の場合、メーカー様への接続検証を検討いただくか、検証済の別メーカー様のPOSレジを使用して、オフライン運用での設置も可能です。
詳細については、別途ご相談により詰めさせて頂きます。

Q2
つり札が千円札のみとした理由は?

A

ATMなどでは標準で払い出す紙幣に五千円が入っていないものもあったり、店舗でもお客様から五千円札をいただかない限り、初期セットではセットしない場合もあったりとのヒアリング結果から、筐体のコンパクト性を追及すべく、千円札のみとし、省スペース化しました。

Q3
設置方法は?

A

筐体の裏側からボルトで固定いただくか、裏面を接着いただくことを想定しています。
また、背面側の寸法に余裕がある場合は板金での固定も想定しております。
硬貨ユニットが引き出し式になり、重心が前方に行くため、転倒を防止することを目的としています。

Q4
自動つり銭機よりもつり銭がなくなりにくいことは分かったが通常の運用でのメリットは?

A

循環である自動つり銭機は容量が少なく、満杯になるのもPay Cubeに比べて早いです。
このため、トータルでの現金の補充・回収作業回数が軽減されることがメリットです。

Q5
フットプリントが小さいのは分かったが、体積ではどのくらいになる?

A

自動つり銭機との体積比は約1.3倍です。ただし、狭小店舗の場合、体積が増えても、設置面積が小さいことの方が優遇される場合があります。
また、カウンタートップだけでなく、KIOSK端末への組み込みも想定しておりますので、現状のような、奥行の短い装置レイアウトとしております。

Q6
非循環だと効率が悪いように思えるけど、メリットはあるの?

A

お客様からいただいたお金と店舗の準備金は完全に区別されている状態になります。
このため、トラブルが発生した場合の責任範囲の明確化ができます。
また、構造もシンプルになることから、エラーが発生した場合も原因特定がしやすいので、復旧時間を短縮できる構成になっています。

Q7
ソフトウェアツール類はどういったものが用意されるのか?

A

OPOSドライバやオンラインマニュアル等は随時更新されて、弊社所定のサイトにアップデートされます。
(ただし、セキュリティ情報を含むサイトへのアクセスのため、弊社から付与されたIDとパスワードが必要です)

製品に関するお問合せはコチラ