会社紹介

『自販機大国ニッポン』を支える
コンラックスの技術

会社紹介

ごく普通の日常の裏側で、“ピカッ”と光る当社の技術

コンラックスの製品は、家電やクルマといった一般消費者向けのものではありません。
そのため、人目に触れる機会はけして多くはありません。
けれど、物を買うためには必需品です。
お金が動くところにコンラックスのテクノロジーが光っています。

市場が進化して行く。新しい挑戦が始まる。

自動販売機の世界では、新しい進化が始まっています。
日本中の自動販売機が商品を販売するだけの機械から、ネットワーク端末になろうとしているのです。
自動販売機がネットワーク端末になるということは、
本社にいながら日本中の自販機の収益や在庫状況を知ることができ、
本社にいながら日本中の自販機をコントロールできる

ということです。
また、自動販売機がネットワークのユーザーインターフェースとなり、様々なサービスが提供される可能性があるということです。
ターゲットとなる市場が進化すれば、そこに新しいビジネスが生まれ、新しい技術が生まれます。

会社紹介

社員の声

ニーズを発掘してパイオニアとして輝く存在でありたい

当社が直接お取引いただいているお客様に自動販売機メーカーがありますが、当社のビジネススタイルは、自動販売機メーカーの取引先(飲料メーカー)、さらには自動販売機を利用する消費者のニーズまでも発掘する「B to B to C」を基本モデルとしています。
アンテナをはりめぐらせて消費者の購買意欲を駆り立てるニーズを発掘し、そのニーズを踏まえた商品コンセプトの提案を行い、市場に関わる全てのお客様を「Win-Win」に導くことが私の仕事です。
技術力・企画力・創造力を結集させ、さまざまなフィールドのお客様に満足をお届けすることで、市場におけるパイオニアとして輝く存在であり続けたいと思っています。

社員の声

もっとも厳しい環境下に応える

当社は自動販売機の心臓部である貨幣識別装置をつくっています。当社の製品は日本全国に設置されている自動販売機のうち約150万台の自動販売機に搭載されています(シェア約60%)。
自動販売機の設置されている場所はさまざまです。
屋外の自販機は、温度や雨、ほこり、ノイズなどの自然環境の影響を受けやすく、人気のない自販機は『いたずら』の対象になることもあります。
このような厳しい環境条件、長年の経験で培った技術ノウハウを生かし製品開発をし高品質を確保しています。
これが専門メーカーである当社の最大の優位点であり、お客様に安心して使用して頂いている理由です。
また、電子マネー端末は、セキュリティ技術満載の製品です。今後はシングルからマルチマネー対応、そしてNFC技術の導入で新たな用途の広がりが期待できます。
まだまだ変化しつづける技術を応用し、次世代の製品開発をしていきたいと思います。

社員の声

新規市場の挑戦

私は設計の経験が活かせる営業をめざし、コンラックスにキャリア採用で入社しました。
私の担当はデジタルプリント市場最大手の顧客です。私がこのアカウントを担当した時は、すでに先行で販売している会社があり、なかなかシェアの拡大に結び付きませんでした。
しかし、顧客のキーマンに対し、コンラックスが技術に強い会社でキャッシュおよびキャッシュレスに対応でき、「トータルで相談するならコンラックス」と言う認識を持って頂けるよう繰り返し説明を続けた結果、新規種開発の話しが持ち上がった際に、競合他社と比較してコンラックスの主力製品コインメック、ビルバリデータの優位性を認知して頂く事ができ、当社製品の採用に結びつくことができました。
また、競合他社との差別化として電子マネー端末やつり銭リフターといったコンラックスならではの付加価値の提案が功を奏したのではないかと考えています。
※デジタルプリント:携帯電話で撮影した画像をプリントする端末

社員の声

部門の役割

マーケティング部門

お客様と社内をつなぐ懸け橋として

コンラックスのビジョンはペイメントシステムにおける価値を創造し続ける比類なきワンストップパートナーとなることです。
このビジョン実現に向けて、重点市場における課題調査や将来ニーズを予見し、付加価値の高い将来製品の企画・提案実施することがマーケティング部門の役割です。
社内では営業部門を支援し、製品におけるプロモーションを企画・実施しています。
また、お客様がコンラックス製品を搭載した機器を設計する時やその機器を運用する時には、技術的支援もいたします。
お客様にコンラックス製品の良さを理解していただき、ご採用いただけるよう日々活動しています。

マーケティング部門

営業部門

売り込むだけがセールスではない

営業部門では、自動販売機市場、流通・交通市場、遊技市場、電子マネー市場の4つの市場ごとに営業担当が決められており、アカウントセールスとして配属されます。
アカウントセールスの役割は、お客さまの経営戦略や施策、業務を正確に把握することです。
「お客様が当社の製品利用されている現場での課題を確実に社内にフィードバックする」こと。そこから新製品や新サービスが生まれ、新規需要へとつながります。
「製品を売る」だけではなく「サービスを創造する」ために、お客様にとっての最良のコミュニケーターになれるよう日々努めています。

営業部門

R&D部門

価値の創造、それがR&Dの使命

R&D本部には、硬貨関連製品、紙幣関連製品と電子マネーをはじめとした新分野製品の3つの製品開発グループがあります。
日本コンラックスがペイメントシステムにおける価値を創造し続ける比類なきワンストップパートナーであり続けるため、 R&D本部は価値を創造する涸れる事のない源泉であり続けるよう努めています。
価値の創造とは、お客様の要求を満足させること。
コンラックスの製品が卓越した性能である事はもちろん、新しい事を生み出すイノベーションも価値の創造であり、また、創造された価値を長期間にわたり確実にする信頼性も価値であります。
全ての価値は開発グループの技術者による設計という行為によって製品という姿に変えてお客様に届けられます。
新しく卓越した製品を作り出すために、私たちは常にイノベーションをしていかなくてはなりません。
新製品開発を通して価値を創造していきながら自分も成長し、自分の意志が込められた製品を届けることが技術者のやりがいにつながる、そんな技術集団を目指しています。

R&D部門
お問い合わせ
ページの先頭へ