製品仕様

自動釣銭機『Pay Cube』の導入で以下のお悩みを解決します。

自動釣銭機は、従来のキャッシュドロワーに代わる機械です。お客様からお預かりした現金を入れると自動的に会計額から差額を算出し、お釣りを払い出します。現金を数え、差額の計算を機械が行うため、現金の数え間違いなどによる違算を防止することができます。また、お金の扱いに慣れていない新人スタッフや外国人スタッフの方々が、ストレスなく会計業務を行うことができ、人手不足の解消にもつながります。
自動釣銭機を活用した会計のセルフ化/セミセルフ化を行えば、お客様1人の会計に対するスタッフの対応時間を短縮することができるため、業務効率の向上につながり、さらには現金を触ることが無くなるため、現金の受け渡しによる感染の予防にもつながります。

Pay Cubeが提供する2つの自動釣銭機のカタチ

自動釣銭機『Pay Cube』は、キュービックタイプとL型タイプの2種類をご用意。使い方や会計場所のレイアウトにあわせてお選び頂けます。

キュービックタイプ

紙幣の入出金口を縦に配置したスリムタイプ。
Pay Cube単体でのフットプリントを最小限にしました。

自動つり銭機 Pay Cube
項目 仕様
対応金種
硬貨
入金:1円,5円,10円,50円,100円,500円
出金:1円,5円,10円,50円,100円,500円
紙幣
入金:千円,二千円,五千円,一万円
出金:千円
入金貨幣収納容量
硬貨
混合庫:1,000枚
   (基準硬貨100円にて約1,200枚)
紙幣
混合庫:約480枚(官封札相当)
出金貨幣収納容量
硬貨
1円,10円,100円:300枚、
5円,50円:100枚、
500円:80枚
紙幣
千円:約500枚(束厚60mmまで)
処理速度
硬貨
入金部:15枚/秒 出金部:15枚/秒
紙幣
入金部:1.3枚/秒 出金部:2枚/秒
外形寸法 W385xD345xH430(mm) ※突出部含まず
質量 34.2kg
電源アダプタ AC100V ← → DC24V 出力250W
カラー
バリエーション
ブラック・ホワイト

狭小スペースにおける
自動釣銭機

「Pay Cube:キュービックタイプ」は、紙幣の入出金口を縦に配置した幅38.5cm×奥行34.5cm の自動釣銭機です。従来の一般的な自動釣銭機と比べて約35%奥行が短く、通常の奥行45cmのカウンターでも設置が可能。レジ周りのスペースがなく、自動釣銭機の導入をあきらめていた店舗様にもご検討いただけるサイズです。

リスク回避につながる
シンプル構造!

自動釣銭機「Pay Cube:キュービックタイプ」は、従来の自動釣銭機と比べて構造がシンプル。入金部と出金部が分離されており、入金された貨幣を再利用しないため、搬送路が短く貨幣詰まりが発生しにくい構造です。貨幣詰まりは、機械トラブルと共に会計処理を中断してしまうため、シンプル構造が運用継続のための大きなリスク回避につながります。

キュービックタイプで
スリムな端末を実現

自動釣銭機「Pay Cube:キュービックタイプ」は、セルフレジやKIOSK端末へ組込んだ利用が増えています。最もスペースを必要とする現金処理部を「Pay Cube」にすることで、スリムな決済端末を実現します。

製品に関するお問合せはコチラ

L型タイプ

紙幣の入出金口を横に配置し、ユニット上部のスペースを確保。
小型POSを配置することで、POS一体型ユニットとしての省スペース化を実現しました。

自動つり銭機 Pay Cube
項目 仕様
対応金種
硬貨
入金:1円,5円,10円,50円,100円,500円
出金:1円,5円,10円,50円,100円,500円
紙幣
入金:千円,二千円,五千円,一万円
出金:千円
入金貨幣収納容量
硬貨
混合庫:1,000枚
   (基準硬貨100円にて約1,200枚)
紙幣
混合庫:約480枚(官封札相当)
出金貨幣収納容量
硬貨
1円,10円,100円:300枚、
5円,50円:100枚、
500円:80枚
紙幣
千円:約500枚(束厚60mm まで)
処理速度
硬貨
入金部:15枚/秒 出金部:15枚/秒
紙幣
入金部:1.3枚/秒 出金部:2枚/秒
外形寸法 W530xD345xH430(mm) ※突出部含まず
重量 約36.5kg
紙幣ユニット耐荷重 20kg
電源アダプタ AC100V ← → DC24V 出力250W
カラー
バリエーション
ブラック・ホワイト

狭小スペースにおける
自動釣銭機

「Pay Cube:L型タイプ」は、紙幣の入出金口を横に配置した幅53cm×奥行34.5cm の自動釣銭機です。従来の一般的な自動釣銭機と比べて約35%奥行が短く、通常の奥行45cmのカウンターでも設置が可能。レジ周りのスペースがなく、自動釣銭機の導入をあきらめていた店舗様にもご検討いただけるサイズです。

リスク回避につながる
シンプル構造!

自動釣銭機「Pay Cube:L型タイプ」は、従来の自動釣銭機と比べて構造がシンプル。入金部と出金部が分離されており、入金された貨幣を再利用しないため、搬送路が短く貨幣詰まりが発生しにくい構造です。貨幣詰まりは、機械トラブルと共に会計処理を中断してしまうため、シンプル構造が運用継続のための大きなリスク回避につながります。

モニターが置ける
紙幣ユニット

自動釣銭機「Pay Cube:L型タイプ」の紙幣ユニット天面は、横31cmの奥行き33cm、耐荷重は20kg。縦型であれば15インチサイズ程度のディスプレイが設置可能、レジ回りをすっきりとレイアウトできます。また、硬貨ユニットより高さが低いため、お客様に圧迫感を感じさせないレイアウトが可能です。

対応OS

自動つり銭機 Pay Cube の対応OS
対応OS(共通) Windows Embedded8.1 Industry Pro
Windows Embedded POS Ready 2009
Windows Embedded POS Ready 7
Windows Embedded POS Ready 7(32bit版)
Windows Embedded Standard 7
Windows Embedded Standard 7(32bit版)
Embedded 10 IOT EnterPrise
Android 4.4.3(32bit版) Android 5.1.1(32bit版) Android 7.1.2(64bit版)
(Linux Coming soon )
製品に関するお問合せはコチラ